小平市、西東京市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小金井市、国分寺市、国立市、立川市の建設業許可申請

過去において一定の法令等に違反した者でないこと

過去において一定の法令の規定等に違反した者等でないこと

許可を受けようとする者が欠格要件に該当しないことが必要です。

欠格要件に該当する者とは

(1)許可を受けようとする者が成年後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ない者

(2)許可を受けようとする者が、不正の普段で許可を受けたことにより、その許可を取り消されて5年以内の者

(3)許可を受けようとする者が、建設工事を適切に施行しなかったために講習に危害をおよびしたことがある者または危害を及ぼすおそれが大きい者

(4)許可を受けようとする者が、請負契約に関し不誠実な行為をしたことで営業の停止を命ぜられ、現在その停止期間中である者

(5)許可を受けようとする者が、禁固以上の刑に処せられその刑の執行を終わり、またはその刑の執行を受けることがなくなってから5年以内の者

(6)許可を受けようとする者が、(*)一定の法令に違反し、刑法などの一定の罪を犯し罰金刑に処せられ、刑の執行を受けることがなくなってから5年以内の者

以上の要件に該当すると「欠格要件に該当する者」となり、建設業許可を受けることはできません。

一定の法令とは

(1)建設業法
(2)建築基準法、宅地造成等規制法、都市計画法、労働基準法、職業安定法、労働者派遣法、景観法の規定で政令に定めるもの
(3)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律
(4)刑法第204条(傷害)、第208条(暴行)、第208条の2(危険運転致死)、第222条(脅迫)、第247条(背任)の罪もしくは暴力行為当処罰に関する法律

前のページに戻る

 a:1097 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional